そろばん塾 池田先生の徒然草


日々の徒然を短文でつづります
by ikeda-88
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本質

 株売買するようになってからかなりになる。19から始めたからね。
 で、株売買とはなにか、その本質を知るにはかなりの時間が
かかる、そんな気がした。決して「儲かる方法」ではない。

 ボクが株売買するとき、いろんな次元で経済を見つめた結果
だという気がしてならない。ボクは売買するポスト、資本金の大きさ、
経営者の資質、といったことを参考にする。

 これらを理解するにはすぐには無理だと思う。
 以前、「ツガミ」なる会社の株式を所有していた。
 少し前、株価を確認して驚いた。かなり高くなっていた。
 ツガミにワシノ機械なども所有していたが、どちらも再建社長
の大上さんが社長を務めたところだ。

 このように、株売買するとき、大きな資本を動かせない人間は
ストーリーというか、自分なりの社会との向き合い方を利用する
ことが多い。「どうせ70万円しか株に回せないのなら、再建社長
がやってるとこにしよう」だ。

 ボクは以前から「石油株」「医薬株」を所有したかった。
 だが、どちらも2000円、3000円の株価でとても手が
出せなかった。だから、もある。

 株売買しない人からすると「儲かりそうだからそこを買ったんだろう」
と思うかもしれないが、もちろん儲からなければ意味はないが、
儲けることはそんなに簡単じゃない。それより今後の経済の動向を
つかむことができれば、の方がより大きい気がする。
 それはひるがえって自分の仕事につながることも多い。

 そのためには、やはりある程度の時間が必要だ。
 初めは「儲かった」「損した」かもしれないが、動かす元手は
自分のお金。それが少し大きくなったか、小さくなったか、に過ぎない。
 それにて株の本質が分かればそれはそれですばらしいのではないだろうか。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-10 05:59
一言 >>