そろばん塾 池田先生の徒然草


日々の徒然を短文でつづります
by ikeda-88
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 1108 )


本質

 株売買するようになってからかなりになる。19から始めたからね。
 で、株売買とはなにか、その本質を知るにはかなりの時間が
かかる、そんな気がした。決して「儲かる方法」ではない。

 ボクが株売買するとき、いろんな次元で経済を見つめた結果
だという気がしてならない。ボクは売買するポスト、資本金の大きさ、
経営者の資質、といったことを参考にする。

 これらを理解するにはすぐには無理だと思う。
 以前、「ツガミ」なる会社の株式を所有していた。
 少し前、株価を確認して驚いた。かなり高くなっていた。
 ツガミにワシノ機械なども所有していたが、どちらも再建社長
の大上さんが社長を務めたところだ。

 このように、株売買するとき、大きな資本を動かせない人間は
ストーリーというか、自分なりの社会との向き合い方を利用する
ことが多い。「どうせ70万円しか株に回せないのなら、再建社長
がやってるとこにしよう」だ。

 ボクは以前から「石油株」「医薬株」を所有したかった。
 だが、どちらも2000円、3000円の株価でとても手が
出せなかった。だから、もある。

 株売買しない人からすると「儲かりそうだからそこを買ったんだろう」
と思うかもしれないが、もちろん儲からなければ意味はないが、
儲けることはそんなに簡単じゃない。それより今後の経済の動向を
つかむことができれば、の方がより大きい気がする。
 それはひるがえって自分の仕事につながることも多い。

 そのためには、やはりある程度の時間が必要だ。
 初めは「儲かった」「損した」かもしれないが、動かす元手は
自分のお金。それが少し大きくなったか、小さくなったか、に過ぎない。
 それにて株の本質が分かればそれはそれですばらしいのではないだろうか。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-10 05:59

一言

 なにげない一言が進路を変えることがある。不思議な話しだ。
 ボクは高校にあがるとき単身、京都に留学することになるのだが、
中学3年の冬くらいに留学先の先生と1対1の面接がおこなわれる
ことになった。

 先生はひっきりなしにタバコを吸われ、消してはつけ、吸っては
消す、そんな感じだった。そこでの会話はほぼ覚えてないのだが、
何年も経ってから「あのときの池田君の一言が君を引き受ける
きっかけになったんだ」、そんな話しを聞かされた。
 その話しを聞いても、別にたいした話しには感じられなかったが。

 その内容とは。
 「池田君、君、高校、あかんかったらどうするんや」。だ。
 こんな質問がされたことを、ボク自身はよく覚えてない。

 それに対する応えは「高校がダメだったら一年、京都で暮らして
ここ(留学先)に通い、翌年高校を受験します」だったらしい。
 母親とは高校がダメだったときのことは話し合っていたから、
さほど返答につまるということはなかった。上記にある通りの
つもりでいた。

 なぜ、こんな質問がなされたかというと、中学からの単身での
他県からの受験は認められなかったからで、よって一つだけ受験した。
 ボク自身はこの返答すら覚えていない。

 先生は定期的にOBを集めた会を主催されており、ボクもそこに
参加したことが一度だけあるのだが、OBの人たちからてんまつを
聞かされた。「先生が君を引き受けるのは大変やったんやぞ、
それを最後に決めることになったのが、あの一言やったんやで」。

 ボク自身、先生からこの話しを聞いてはいなかった。OBからの
話しが最初で最後だった。
 あの面接はこれほどまでに大きな意味を持っていたのか。後々
考えるのはそんなことだった。

 あのとき、ちゅうちょして「高校がダメだったら一度山口に戻って
しっかり勉強します」でもダメだったと思う。それを今さらながら
考えてみると不思議な気がしてならない。一言は本当に恐ろしい。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-09 06:42

タフ

 人間というものはタフにできているものだとつくづく思う。ま、
真似はしない方がいいと思うが。
 京都で一人での生活が始まった。アパートも確保した。

 アパートにはこんなものがあった。多分、その存在を知る人も
少ないはずだ。5円を入れると一定時間ガスが使える器具だ。
 5円を入れる場所があり、ガチャリと回すとセット完了。

 今、突然、思ったのだが、ひょっとすると2枚、3枚の投入
もできたかもしれない。1枚しか入れたことはない。
 ガスを使うのは日曜の夕刻、お湯を沸かすため、くらいのもの。
 やかんに半分ほど水を入れ、沸かしてやる。そのころ、京都の
水はとてもまずかった。お茶にしたのはそれもあった。

 この5円ガス、やかんを沸騰させるくらいなら十分使える。
 ということは、そのころ全国的にゲームセンターにあるような
ガチャガチャみたいな機械が、販売できるほど需要があったわけだ。
 このアパートでは結局、冷蔵庫を買うことはなかった。そもそも
アパートに長い時間いないわけで。冷蔵庫がないことで食あたり
に見舞われることにもなったが。

 さて。
 お茶である。高校生だったので、あまり社会常識がない。「お茶
は急須で入れてやる」と思っていたが、何度も何度も使い回しを
していた。ある日、中を見たらカビがびっしり。入れて飲んでいた
寿司屋にあるようなお茶碗の底にもカビがびっしり。

 親からは「カビに気をつけろ」とか「身体に悪いものは食べるな」
など、一切、聞いてなかった。よくあんな環境で生活できたものだと
感心してしまう。

 人間というのは意外にタフにできているものだ。高校生や大学生
ならなおさらだ。「これは身体に悪い」「不衛生だ」と考える前に
「このくらい大丈夫だ」があっていい。
 今、思うが、人間の身体は不衛生の中で強くなっていく面があると
思う。甘やかすばかりが良いことじゃない。ってね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-08 05:58

感謝

 改めて考えてみると、ボクは私立中学を受験して不合格、
広島にある大学を二つ、うけてどちらも不合格になっている。
 大学受験のとき、さっぱり分からないので寝ていたら試験官に
注意された。(まじめにやれっての)。 

 唯一、合格だったのは高校受験のみである。ただ合格だったの
だが、あそこは「専願」と「併願」とあって、一つしか受験
してないので、もちろん専願。こっちにしておくと合格しやすくなる。
 保険をかけてないからね。
 こうしてみるとことごとく失敗してる感じがするね。

 以前はこれらの事実に対してできるだけ目をそむけていた。自分の歴史
からきれいさっぱり洗い流してしまいたかった。自分の「珠算8段、
暗算9段」のみの輝かしい歴史だけで十分、そんな気分でもあった。

 ただ、実社会に出てみると逆なんだよね。
 ボクは企業には就職せず、いきなり自営である。人からは「不安定
の象徴」みたいに思われているのだが、自分の中では全くそんなことは
なかった。「そもそもダメだから」である。

 ボクも上の事実をときに忘れて「なんでオレはいきなり自営になんて
なることができたんだろう」なんて思うことがある。一般の人にとっては
「あの大学を出てるのに、オレは今、何をしてるんだろう」みたいな
感覚があるはずだが、そんな心配は一切なかった。

 「ほかのものになれるんだったら、やってみたら」だ。
 「あの会社に残っていれば、もっとこうだったかも」、そんなことも
一度も脳裏をかすめたこともない。もともと「あの会社」が存在して
ないわけだし。

 要するに、一般の人にとってはジャンプのつもりがなければならない
のに、ボクなんぞは自営のエリートみたいな存在だったわけだ。
 指定席っていうところかな。約束された現在だ。
 とことんダメなら、かえって楽しい人生が待ってる気もする。
 ボクは不合格という配剤に感謝しなければいけないのかもね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-03 06:06

特別

 特別な人にしか見つけられないものってあるんですよ。
 一週間ほど前のことです。銀行の窓口に「硬貨が作られました、
交換できます」と書かれた白い紙を発見しました。500円硬貨です。

 題材は「奈良県」と「沖縄県」。奈良県は分かったことですが
大仏、沖縄はエイサーでしょう。
 交換も両替になるので用紙に記入して、それで終わり。

 ボクたちが子供のころは、新しく切手が発売されるとなると、たくさん
の人が行列を作ったものでした。

 窓口で交換していただくと、「前回のもあります」だって。ボクは
前回の「シラセノブ」が題材になったものも交換してます。

 この手のものって「その気に」ならなければ見つかりません。
 だれかから聞かされたら、分かるんですよ。「新しく500円が
作られたらしい、銀行に行けば交換してくれるよ」と聞けばですね。
 ただ、第一の情報じゃないですね。

 銀行だって行けば教えてくれるわけじゃありません。
 「白い紙で告知してるから、興味のある人は問い合わせするだろう」
なんです。

 世の中はみんなこのようにしてできてるんですよ。「分かる人に
しか分からないように」なってるんです。
 で、分かる人にだけ情報が入ってきて、恩恵に浴することができる
わけです。結局、みんなが同一の情報は手にしてるんだけれども、
注意していない人には決して分からないわけですね。

 今はされてないと思うけど新聞にだって「ミントセット」の案内は
ずっと掲載されていたんですよ。あなたは知らないと思うけど。
 「ミントセット」とは今、使われている硬貨だけ集めてある
アルバムのこと。1700円くらい支払うと購入できます。
 こんなもの、あることも知らなかったでしょう。

 結局、違いに敏感にならなければいけないんですよ。
 「なんかおかしいな」「どこか違うな」「なぜ違うんだろう」。
 特別な人とは、特別な存在ではなく、注意して違いを見つけられる
人のことですね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-02 06:38

ハワイ

 ボクが初めて訪れた海外はハワイです。
 実は、このハワイ、行かない予定だったのです。所属してる会で
2年に一度、海外に行こう、なんて決まり、初めてがハワイでした。

 「なにが嫌だったのか」、今、考えてもみてもあまりはっきり
してません。「なんとなく」。「飛行機が嫌い」。だったかな。

 ただ、日にちが近づいてくると「池田さん、ツアーは15人だから、
池田さんが行かないとツアーにならんのよ」なんて言われ、半ば
渋々でした。現地に着くと一番大はしゃぎしてるのは自分だったという。

 ハワイのときもそうでしたが、それ以前もそれ以後もボクは大きな
決断、重大な決断に直面すると「なんとなく嫌だな」「行きたくない」
気持ちが心中を大きく占め、だけどいざやってみると、楽しく、
またうまくやれてる自分を見つけて、自分が驚く、みたいなことを
繰り返しています。

 ボクは小心者なんでしょう。
 ただ、周りから引きずられるようにして実践してみる。すると
また違った感想が出てくる。
 多分、決断というのはだれにとっても重たく、できるなら避けたい、
ものなんでしょう。

 決断して、進んでみると案外うまくやれる自分がいて、「以前
の自分よりよほどいい」そんな感想を持ったりもする。

 半ば、嫌々出かけたハワイだけど、その後、たくさんの海外を
旅行した。そのきっかけがハワイにあったと、今では思うな。
 重い決断をするときってだれもが悩むものだと思うけど、それで
当然。ただ、今、目にしてる光景の中に応えがないのなら、正解は
そこにはないよね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-08-01 06:07

スペイン

 ゆうべ、ある会に参加しました。そこで出会った男性、「いつかは
スペインに行ってみたい」なんて聞かせていただきました。

 「どこに行かれましたか」と尋ねると「アジアばかりです」
「なかなかまとまった休みが取れなくて」だった。

 意外かもしれないが、これだけ海外が身近になった気でいても
あなたの周りにだってたくさんの「海外なんてとんでもない」人
たちがいるものだ。
 とは言うものの、ボク自身、去年の中国以外では何年も出かけて
ないのだが。

 さて。
 これら「いつかはヨーロッパに」の方々にはとても申し訳ない
のだが、ある傾向を感じてしまう。それは堂々巡りだ。

 「ヨーロッパに行きたい、が、休みが取れない、し、お金も
不十分、しかも、スペイン語やイタリア語が話せるわけでもなし」。

 よって、これらの人に共通しているのは「ここを突破すれば念願が
かなうのではないか」の突破すべき場所がないことが多い。
 要するに、堂々巡りしてしまうわけだ。

 これはヨーロッパ旅行に限らない。お仕事においても同じことだ。
 「これをやったらどうか、が、しかしお金がない、それにうまく
いくかどうか分からない、うまくいかなかったらどうするのか」。

 反対するのはとても簡単だ。
 多分、風穴を空けなければならないのだろう。

 「休みが取れたら、借金してでも行く」。「お金があれば、休み
はどうやってでも調達する」「その国の言語が話せなくても旅行
できる手立てを探してみる」とかかな。ボクはスペインでは全て
日本語で通したけどね。相手がスペイン語で、こちらが日本語。
 うまい具合に通じるんだよね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-07-31 18:14

おかしい

 おかしくておかしくてたまらない。
 母親が缶ビールを並べているのだが、それを見るとおかしくて
おかしくて。思わず大笑いしてしまう。

 なぜならば、全ての缶ビールが飲み口を上にして置かれているから。
 「なんでこんな簡単なことに気づかないんだろう、オレはいつも
飲み口を下になるように置いてるのに」。

 ボクは並べるとき、いつも飲み口が下になるように置く。分かった
ことだが、上にするとホコリがたまるからね。言うほどのことじゃ
ないんで、いつも缶ビールを見ると上下を逆さまに戻してやる。

 母親はいつも飲み口が下の缶ビールを見てるはずなのに。なにを
見てるんだろう。

 たまに母親はボクの本を整理してる。(一緒には暮らしてない)。
 その整理の仕方がおもしろい。

 本の題名もなにも分からない、ただ積んであるだけ、なんだ。
 「読まない人はこれだからなー」なんて思う。
 本屋さんに行き、題名が向こうを向いていたら、買うのに難儀する
ことだろう。

 これらは利用者の立場になって考えればすぐに分かることだ。
 一つ一つのことはわずかだけど、分かってみれば次回から改善
するのはたやすいこと。なことだよね。
 モノを観察する癖をつけよう。
 「なぜ、これはこうなっているのか、このように設置してあるのか」
をね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-07-30 05:34

ご紹介

 ザ、ご紹介ですね。
 先日、ある場所で偶然、友人と会いましてね、「やー久しぶり」
なんて。で、近々、あるレストランに行くつもりにしていたのですが、
友人に会ったついでに「予約してくれないか」と頼みました。

 いえ、このレストラン、わたくしもよく知ってまして。
 そんな迂回路みたいなこと、する必要はないんですけどね。
 実はこれ、よくやるんですよ。
 友人にせよ、「オレがからんで予約した」形が良いんじゃないかと
思いましてね。

 自分が直接、連絡した方が早いんですよ。
 ただ、それはできるだけやらない。

 そもそもそのレストランを知ったのも、ある意味、ご紹介ですよね。
 会合だったり、お祝いの会だったり、メシ、食おうぜ、だったりした。

 忙しいならともかく、そうでなければ、「先日、利用したレストラン、
おいしかったから、予約してもらえませんか」とやるわけ。 

 だと、「そうやろう、オレの選球眼は間違いないから」になるし、
「オレがうまく言うといたるわ」(なぜか関西弁)になる。
 少しだけですが「ええかっこ」ができるじゃないですか。

 それとですね、「あなた」を尊重する形を作ることも大切なんですよ。
 「あ、池田や、会合で使ってから勝手に行きよった」(またまた
関西弁)みたいになるじゃないですか。
 難しい言葉で言うと「筋を通す」ですかね。

 せっかく飲食の機会として使うんですから、少し横に広げる形で
展開してもいいはずですよね。飲食店に限らず、大事にしたいもの。
 「この前、行ったレストラン、むちゃくちゃうまかったんで、
もう一度、行きたいんですけど、いいですか」、嫌がられることは
まずないですね。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-07-27 06:21

プレゼント

 この世には実にたくさんのプレゼントがあふれ返ってますね。
 ボクが子供のころの話しです。そろそろお誕生日会、そんな
催しがされるころでした。
 要するに、余裕ができたということでしょうか。

 母親が主催することも多く(うちはなかったなー)、「いつも
遊んでるあの子を呼んだら」みたいに言われ、三人か四人くらいで
ケーキを食べたりします。

 真ん丸い、でかいケーキは日ごろあまり目にせず、「お誕生日会」
のときだけ食べることのできるステータスを保有していました。

 あのころ、はやったプレゼントの形態が、それぞれが一つ、
誕生日の人にあげるプレゼントを用意するというものでした。
 これは後の英会話教室のお楽しみ会あたりでも実施されましたね。

 中になにが入ってるか分からなくてかなりドキドキ。
 ボクが子供のころはどんなものをプレゼントしていたんだろう。
 あまり覚えてないな。

 子供はこんなことでいいのですが、やはり大人になるとプレゼント
に対する考え方はかなり変わってきますよね。

 「あら、また茶碗セット、だれかにあげるしかないわねー」なんて
よくあること。ボクはそんな光景を見るたびに「買ったときは何千円
ってしたのに、これじゃ価値はゼロ円だな」なんてね。

 ま、だれもが痛感してるようにプレゼントっていうのは、あげる
側が主軸に考えちゃうとダメだね。「どんなものをもらったら
うれしいか」で考えなくっちゃね。

 少し前、はやったのが「それとなく欲しいものを聞いておき、それを
プレゼントする」というもの。要するに、プレゼントというものは
「あげればなんでもいい」わけじゃなくて「欲しがってるものを
あげる」ことが基本だ。なにが欲しいか観察することも良い
プレゼントをする秘訣かもしれない。
[PR]

by ikeda-88 | 2012-07-26 05:32