そろばん塾 池田先生の徒然草


日々の徒然を短文でつづります
by ikeda-88
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スペイン

 ゆうべ、ある会に参加しました。そこで出会った男性、「いつかは
スペインに行ってみたい」なんて聞かせていただきました。

 「どこに行かれましたか」と尋ねると「アジアばかりです」
「なかなかまとまった休みが取れなくて」だった。

 意外かもしれないが、これだけ海外が身近になった気でいても
あなたの周りにだってたくさんの「海外なんてとんでもない」人
たちがいるものだ。
 とは言うものの、ボク自身、去年の中国以外では何年も出かけて
ないのだが。

 さて。
 これら「いつかはヨーロッパに」の方々にはとても申し訳ない
のだが、ある傾向を感じてしまう。それは堂々巡りだ。

 「ヨーロッパに行きたい、が、休みが取れない、し、お金も
不十分、しかも、スペイン語やイタリア語が話せるわけでもなし」。

 よって、これらの人に共通しているのは「ここを突破すれば念願が
かなうのではないか」の突破すべき場所がないことが多い。
 要するに、堂々巡りしてしまうわけだ。

 これはヨーロッパ旅行に限らない。お仕事においても同じことだ。
 「これをやったらどうか、が、しかしお金がない、それにうまく
いくかどうか分からない、うまくいかなかったらどうするのか」。

 反対するのはとても簡単だ。
 多分、風穴を空けなければならないのだろう。

 「休みが取れたら、借金してでも行く」。「お金があれば、休み
はどうやってでも調達する」「その国の言語が話せなくても旅行
できる手立てを探してみる」とかかな。ボクはスペインでは全て
日本語で通したけどね。相手がスペイン語で、こちらが日本語。
 うまい具合に通じるんだよね。
[PR]

# by ikeda-88 | 2012-07-31 18:14

おかしい

 おかしくておかしくてたまらない。
 母親が缶ビールを並べているのだが、それを見るとおかしくて
おかしくて。思わず大笑いしてしまう。

 なぜならば、全ての缶ビールが飲み口を上にして置かれているから。
 「なんでこんな簡単なことに気づかないんだろう、オレはいつも
飲み口を下になるように置いてるのに」。

 ボクは並べるとき、いつも飲み口が下になるように置く。分かった
ことだが、上にするとホコリがたまるからね。言うほどのことじゃ
ないんで、いつも缶ビールを見ると上下を逆さまに戻してやる。

 母親はいつも飲み口が下の缶ビールを見てるはずなのに。なにを
見てるんだろう。

 たまに母親はボクの本を整理してる。(一緒には暮らしてない)。
 その整理の仕方がおもしろい。

 本の題名もなにも分からない、ただ積んであるだけ、なんだ。
 「読まない人はこれだからなー」なんて思う。
 本屋さんに行き、題名が向こうを向いていたら、買うのに難儀する
ことだろう。

 これらは利用者の立場になって考えればすぐに分かることだ。
 一つ一つのことはわずかだけど、分かってみれば次回から改善
するのはたやすいこと。なことだよね。
 モノを観察する癖をつけよう。
 「なぜ、これはこうなっているのか、このように設置してあるのか」
をね。
[PR]

# by ikeda-88 | 2012-07-30 05:34

ご紹介

 ザ、ご紹介ですね。
 先日、ある場所で偶然、友人と会いましてね、「やー久しぶり」
なんて。で、近々、あるレストランに行くつもりにしていたのですが、
友人に会ったついでに「予約してくれないか」と頼みました。

 いえ、このレストラン、わたくしもよく知ってまして。
 そんな迂回路みたいなこと、する必要はないんですけどね。
 実はこれ、よくやるんですよ。
 友人にせよ、「オレがからんで予約した」形が良いんじゃないかと
思いましてね。

 自分が直接、連絡した方が早いんですよ。
 ただ、それはできるだけやらない。

 そもそもそのレストランを知ったのも、ある意味、ご紹介ですよね。
 会合だったり、お祝いの会だったり、メシ、食おうぜ、だったりした。

 忙しいならともかく、そうでなければ、「先日、利用したレストラン、
おいしかったから、予約してもらえませんか」とやるわけ。 

 だと、「そうやろう、オレの選球眼は間違いないから」になるし、
「オレがうまく言うといたるわ」(なぜか関西弁)になる。
 少しだけですが「ええかっこ」ができるじゃないですか。

 それとですね、「あなた」を尊重する形を作ることも大切なんですよ。
 「あ、池田や、会合で使ってから勝手に行きよった」(またまた
関西弁)みたいになるじゃないですか。
 難しい言葉で言うと「筋を通す」ですかね。

 せっかく飲食の機会として使うんですから、少し横に広げる形で
展開してもいいはずですよね。飲食店に限らず、大事にしたいもの。
 「この前、行ったレストラン、むちゃくちゃうまかったんで、
もう一度、行きたいんですけど、いいですか」、嫌がられることは
まずないですね。
[PR]

# by ikeda-88 | 2012-07-27 06:21